エムキチビートproduce 音劇vol.2「世界の終わりに君を乞う。」 前半のダイジェスト映像

14年前の今日(4月25日)、あの事故があったのですね・・・

昨年の12月に、この舞台を見たのがきっかけで、はじめて、具体的にどんなことが起きたのかを知った。もちろん、私がいまになってようやく、調べたり読んだりしたものは、報道や手記などのほんの一部に過ぎませんが。



youtu.be


DVDが出来るのは、9月の予定でしたっけ?

コスモ石油 新しい風篇 CM、WEBムービー

コスモ石油のCM(&ムービー) 新しい風篇


youtu.be

youtu.be


ヴァイオリン少女は、劇団ひまわり(福岡)のサイトに出演情報が出ている、戸鼻望加來さんという子、ですね。

劇団ひまわり | 戸鼻望加來がコスモ石油のCMに出演しています!

1年ぶりに「ライオンキング」

4月14日(日)に、「ライオンキング」東京公演を観劇。

午後1時開演。

子役は、

ヤングシンバ:東條莞典
ヤングナラ:宿口詩乃

だった。

ふたりとも、この出演の後は、すでに2週間予定キャストに名前がないことから察するに、14日に見に行ったのは正解だったかな。

カーテンコールの盛り上がりが、ものすごかったのだけど、そういうこともあってだったのか・・・・記念公演や千秋楽でもこんなにはないかもってぐらいに、音楽が終わってからもキャストが何度も登場したし、スタンディングオベーションの客席の拍手はなかなか止まなかった。

2階席には修学旅行らしき中学校の団体が入っていて、その生徒さんたちがかなり早くから立ち上がって、拍手も長ーく続けていて。


「ライオンキング」は、1年前の昨年4月、宿口詩乃ちゃんがヤングナラで初登場したステージを見て以来。四季劇場[夏]での観劇も、それ以来の、2度目。

このブログがまちがっていなければ、「ライオンキング」を見るのは、230回目だと思う。


3月に「贋作桃太郎 百桃かたり」を見たときに、今後、宿口詩乃ちゃんが日曜日にキャスティングされたら、「ライオンキング」に行こうと決めていた。4月14日は他に予定もなかったので、無事に見ることが出来た次第。

週はじめに予定キャストが発表されてから、チケットの状況に気をつけていたら、公演日の3日前に、B席が数席出て来たので、それをひとつ押さえた。昨年4月の観劇の際に、最近のこの演目の場合は、前日予約ねらいよりも、直前に戻って来たり、出品される席を拾うほうがよさそうと思ったのだったが、それでちゃんとチケットが取れたのが何より。


[春]から[夏]へ引っ越したときの変更諸々で上演時間が短くなったのはいいけれど、象の墓場の「チャウダウン」のカットは、けっこうバッサリ切った感じがする。ヤングナラが先になってヤングシンバと骨階段を下りて、いったん上手の骨階段の後ろに隠れて、そこからまたハイエナトリオに追い詰められるまでひと件りあったのに、そこがカットされて、階段を下りるとすぐにヤングナラの悲鳴だから、要するに、子役の出番が短くなっちゃったのだよね。

象の墓場への道行き(「早く王様になりたい」の前のシーン)でのザズとのやりとりのとき、ヤングシンバがヤングナラの肩にひじを置くポーズがあるけど、あれって、小っさいヤングシンバと大っきいヤングナラの組み合わせでもやってるの?とか思ったりしたが、いまは、むかしほど身長差があるケースはないのかな?



宿口詩乃ちゃんは、「サウンド・オブ・ミュージック」名古屋公演の初日を見に行ったときのグレーテルだったから、あれからだともう、6年近くが経つ訳だ。

ひみつ×戦士 ファントミラージュ! 第3話 週刊文秋!ファントミの正体、あばかれる!?

ガールズ×戦士シリーズ 第3弾

ひみつ×戦士 ファントミラージュ!(テレビ東京)

「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」公式サイト |

ひみつ×戦士 ファントミラージュ! テレビ東京アニメ公式


4月21日(日)放送の、

第3話 週刊文秋!ファントミの正体、あばかれる!?

脚本:加藤陽一
監督:三池崇史


桜衣ココミ:菱田未渚美
明日海サキ:山口綺羅
紫月ヨツバ:原田都愛

ギャンヌ署長:石田ニコル
マギャク巡査:黒石高大
アベコベ刑事:ぺえ

くまちぃ:本田翼
ナレーター:豊永利行

河合さん:大久保陽愛
ハヤト:清水悠人
みな:吉田空
ゆうか:原結那

坂上文秋:南出凌嘉

桜衣慎一:斎藤工

ファンディー:関口メンディ―(EXILE / GENERATIONS)



学級新聞の常識を超えた学級(壁)新聞「週刊文秋(ふみあき)」を発行しているクラスメイトの坂上文秋は、ファントミラージュ!の正体がココミとサキではないかと疑い、スクープをねらっていた。そんな坂上文秋が、イケナイヤーにされてしまう。

ココミと、サキは、きらめき中学校1年B組。

今回から、学園シーンもスタート。

制服はかわいいけど、いきなり半袖!

学校でも、ふたりお揃いで、あんな目立つペンダントをしているんだし、正体バレバレだけどね。ファントミって、カメラ向けられるとポーズとっちゃうし、ネットに動画が出回ってるんだから、顔認証とか使えば、それまでだよね。


で、次回は、いよいよヨツバが登場する。

「神の子どもたちはみな踊る after the quake 」子役コメント動画

神の子どもたちはみな踊る after the quake

原作:村上春樹
脚本:フランク・ギャラティ
演出:倉持裕


horipro-stage.jp


7月31日(水)~8月16(金)、よみうり大手町ホール 21ステージ

全席指定9800円

他に、愛知、兵庫公演もあり


出演

淳平:古川雄輝
小夜子:松井玲奈
片桐、高槻:川口覚
沙羅(ダブルキャスト):横溝菜帆・竹内咲帆
かえる、語り手:木場勝己



youtu.be

youtu.be


子役は、なほさほ、ね。出演予定は決まり次第発表するとある。

「ニッキー」ニコル役

ミュージカル座8月公演 「ニッキー」

8月22日(木)~8月25日(日)、光が丘IMAホール 全6ステージ ※一部ダブルキャスト


子役主演のニコル役(ダブルキャスト)は、

森田瑞姫(22、24夜、25昼)・阿萬はなね(23、24昼、25夜)


ニッキー(2019) | ミュージカル座


阿萬はなねちゃんのニコルなら、また見たいな。

ニコル役は、前年から引き続き演る子と、新しい子とでダブル・トリプルを組むのがパターン化していたので、阿萬はなねちゃんはきっと今年もういちど演るだろうとの期待はあったから。

A列車に乗っていこう 東京公演日程、チラシビジュアル

「A列車に乗っていこう」

作:北村想、演出:日澤雄介

出演:石田ひかり 松風理咲

7月20日(土)〜7月28日(日)、東京芸術劇場 シアターウエス

https://www.tomproject.com/peformance/a.html



全席指定 一般 前売4500円、当日5000円/U-25(25歳以下)2500円/シニア(60歳以上)4000円
 ※U-25・シニア券はトム・プロジェクトのみで販売。前売当日とも同料金、要証明書
チケットの一般発売は、5月24日(金)〜


東京公演の詳細と、チラシビジュアルが出たけど、7ステージしかない。思ってたより公演数が少なくて、このスケジュールだと、1回しか見られないかも・・・・