放浪記

先行予約

先日、「放浪記」シアタークリエ公演のチケット先行予約の案内はがきが届いた。千穐楽は、某所で、少し割引価格のをすでに購入したから、今度は、初日を買っておくべきか? 一般発売の日は、チケットを買っている暇はなさそうだから。林芙美子は小さいひとだ…

扮装写真

「放浪記」の公演ページ(http://www.tohostage.com/hourouki_2015/index.html)の出演者の写真が、扮装写真になっていますね。http://www.tohostage.com/hourouki_2015/cast.html 子役はまだ分かりませんが(そもそも、開幕前に名前が出るかな?)、東京の子が…

仲間由紀恵主演「放浪記」の配役

※シアタークリエ公演開幕後に、子役を追記しました。 「放浪記」(林芙美子作品集より、菊田一夫 作、三木のり平 潤色、北村文典 演出)10月14日(水)〜11月10日(火)、シアタークリエ11月21日(土)〜12月9日(水)、大阪新歌舞伎座12月18日(金)〜12月25日(金)、中…

女優魂 森光子『放浪記』二〇一七回の記録/全身女優 私たちの森光子

5月9日は、故・森光子さんの誕生日(生きていらしたら、95歳)ですが、この日に、2冊の本が刊行されます。 篠山紀信 撮影「女優魂 森光子『放浪記』二〇一七回の記録」(扶桑社、4500円+税)http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594066017「放浪記」2000…

仲間由紀恵主演「放浪記」のキャスト

「放浪記」(林芙美子作品集より、菊田一夫 作、三木のり平 潤色、北村文典 演出)10月14日(水)〜11月10日(火)、シアタークリエ11月21日(土)〜12月9日(水)、大阪新歌舞伎座12月18日(金)〜12月25日(金)、中日劇場2016年1月7日(木)〜1月31日(日)、博多座東宝のサ…

仲間由紀恵で「放浪記」

東宝は、昨日(9日)、仲間由紀恵(34)の主演(林芙美子役)で舞台「放浪記」を、来年11月から上演すると発表した。 各種報道によると、下記の4劇場で、トータル約100回の公演を予定しているとのこと。2015年10月14日〜11月10日、シアタークリエ2015年11月〜12月…

「林芙美子文学賞」というのがはじまるとのこと

北九州市は、『24回にわたり実施した北九州市自分史文学賞を発展・継承させ、林芙美子文学賞を今年度から実施します。』https://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000170083.pdf(北九州市の発表による同賞の概要)http://www.kitakyushucity-bungakukan.jp/…

林芙美子記念館

林芙美子記念館(http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=12)は、年に数回、建物のなかに入れる日があるのですね。http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=725731日2回実施。各回70分で、20名。希望者多数の場合は抽選とのこと。 いちど入って、お芝居の「放浪記…

放浪記(岩波文庫)

そういえば、3月に、岩波文庫から「放浪記」が出ていましたね。私も買いました。 林芙美子「放浪記」(900円+税)https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/31/3/3116930.html巻末には、林芙美子略年譜。解説は、(「林芙美子 巴里の恋」の)今川英子(略年譜作成も)。…

喜劇が好き!〜舞台女優・黒柳徹子18年の記録〜

5月4日(日)13:55〜15:20 テレビ朝日「喜劇が好き!〜舞台女優・黒柳徹子18年の記録〜」http://www.tvu.co.jp/program/201405_kuroyanagi/(舞台女優としての黒柳徹子の姿を)『18年にわたって撮りためた映像をふんだんに使用して紹介します。見えてきたのは…

森光子を生きた女〜日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった〜

仲間由紀恵が森光子を演じるドラマ、フジテレビ開局55周年スペシャルドラマ「森光子を生きた女〜日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった〜」http://www.fujitv.co.jp/morimitsuko/ これ、森光子さんの誕生日に放送するのですね。5月9日(金)21:00〜…

昭和芸能史 傑物列伝

鴨下信一「昭和芸能史 傑物列伝」(文春新書、830円税込)http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166609376『国民栄誉賞を贈られた芸能人たちの秘話美空ひばり、長谷川一夫、渥美清、森繁久弥、森光子…演出家の著者が出会ったス…

オール讀物 2013年7月号

発売中の、「オール讀物」7月号(文藝春秋、定価950円)http://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/index.htm 水口義朗「森光子と水上勉─昭和に秘められた恋」(目次表記)というのが載っていて、文章のタイトルは、『「天の橋立」を渡れなかった水上勉と森光子…

帝国劇場100年のあゆみ

今日の読売新聞夕刊の記事で知ったが、東宝から「帝国劇場100年のあゆみ」という記念本が出ている。関係方面に配られたもののようで、残念ながら、非売品。記事によれば、各都道府県立図書館などに配本されているようなので、それらを利用して読むことが可能…

文藝春秋 2013年3月特別号

「文藝春秋」三月特別号(特別定価890円)http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/553は、芥川龍之介賞の発表号なので買って来てみたが、他にも読みどころ多く、下記のような内容も。 杉本禮『森光子 秘められた壮絶一代記』鹿島茂、小島慶子『大ヒット「レ・ミ…

悲劇喜劇 2013年2月号

1月7日発売の、「悲劇喜劇」2013年2月号(早川書房、1300円)は、『追悼・森光子/追悼・中村勘三郎』。 - http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/731302.html『悲劇喜劇』2013年2月号では、逝去した森光子さんと中村勘三郎さんを偲び、縁のあ…

森光子伝 女優放浪記

今朝の新聞広告によると、中高年向けの定期購読誌「毎日が発見」で、小松成美「森光子伝 女優放浪記」の新連載がスタートとある。2013年1月号に、新連載序章として『特別追悼 さようなら、森光子さん』が掲載され、その次の号から「森光子伝 女優放浪記」が…

「放浪記」(2005年3月公演)/森光子“放浪記”大いなる旅路

森光子さんの追悼番組のうち、11月18日(日)には、午後1:05〜午後3:00、NHK総合テレビで、NHKアーカイブス「追悼 森光子さん〜“放浪記”と歩んだ女優人生〜」を。続く、午後3:00〜午後5:46、NHK Eテレで、森光子さんをしのんで〜「劇場への招待」アンコール『…

昨夜のニュースで訃音に接し、

今月の後半は、観劇予定もほとんどないので、テレビ放送の録画で下記の3公演を見ながら、思い出にひたりたい。 「晩秋」千穐楽(2009年11月、明治座)「放浪記」2000回公演(2009年5月、帝劇)「放浪記」(2005年3月、芸術座)

こごま、菊田一夫の仕事、三國連太郎 他

11月下旬に、「こごま」こと新倉茜音ちゃんて子の本「こごまの舌 料理の英才教育」(扶桑社、1470円)http://www.fusosha.co.jp/book/2011/06511.php「川越達也×こごま 絶品!コラボめし」(主婦の友社、1000円)https://www2.shufunotomo.co.jp/webmado/detail/…

林芙美子の芸術

日本大学芸術学部創設90周年記念林芙美子没後60周年記念「林芙美子の芸術」という日本大学芸術学部図書館によるカタログ誌が完成し、同学部創設90周年記念式典に合わせて発行になるらしい。紹介しているブログを見ると、http://nuartmasuken.jugem.jp/?eid=4…

森光子“放浪記”奇跡の2000回公演

帝国劇場100周年記念森光子「放浪記」奇跡の2000回公演8月27日(土)午後1時30分〜5時30分、NHK BSプレミアムhttp://www.nhk.or.jp/bs/t_theater/

あきらめなかった いつだって 女優・半世紀の挑戦

先日、前進座の公演を見た帰りに、下記の本が書店に出ていたので、買った。 森光子「あきらめなかった いつだって 女優・半世紀の挑戦」(PHP研究所、1100円税別)http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-78147-1 NHK BShiで放送された「100年…

河村常雄の家元探訪 林与一(YOMIURI ONLINE)

YOMIURI ONLINE で連載中の<河村常雄の家元探訪>林 与一 が、菊田一夫の舞台でのエピソード、「放浪記」や「細雪」の初演に出演した件りに来ていて、面白い。 <河村常雄の家元探訪>林与一(27)http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/trad/2011020…

放浪記

ハルキ文庫(角川春樹事務所)から、林芙美子「放浪記」が出たみたい。http://www.kadokawaharuki.co.jp/book/detail/detail.php?no=37882月15日発売。540円。

「放浪記」配役表

東宝のサイト内に、「放浪記」配役表http://www.toho.co.jp/4less/cgi-bin/cs4view_obj.php/library_drama/6/というのが出ているのに気づいた(PDFファイル)。載っているのはメインキャストだけだが。

帝劇ワンダーランド

帝国劇場開場100周年記念読本「帝劇ワンダーランド」 付録:DVD「帝劇ナビ」(ぴあ、定価2300円)2011年1月1日〜、帝国劇場で発売。 ※書店売りは、1月14日〜。 帝劇ワンダーランドhttp://www.tohostage.com/teigeki/book.html

林芙美子とその時代

しばらく前になるが、高山京子「林芙美子とその時代」(論創社、3000円税別)を読んだ。書店で手に取ったとき、創価大学から同大学院という略歴を見てちょっと引っかかったが、なかみは特定の宗教とは関係のない、林芙美子の研究書。著者は、同大学の助教(以前…

正子と悦子と行商人の子

「三婆」の正子と「細雪」の悦子と「放浪記」の行商人の子。この3役って、とってもいいな。 さて、次にまた見る機会はやって来ましょうか…

クリエ ミュージカル・コンサート

「放浪記」の代替公演として、シアタークリエでクリエ ミュージカル・コンサートM.クンツェ&S.リーヴァイの世界http://www.tohostage.com/crea_musical/を上演すると発表された。公演期間は、6月18日〜6月27日。東宝ミュージカルでおなじみの面々にゲストを…